今日は何観て帰ろっか?

今井(いまい)/天野(あまの) ルームシェアしている男ふたりが仕事帰りに一緒に観た映画の感想をダラダラと語ります

2019年の日本には甘すぎる政治ファンタジー/『記憶にございません!』感想

確かに笑える。でも「」が足りない。

 

冒頭「この作品はフィクションであり、実在の人物とは関係ありません。でももし似通っていたとしたらそれはたまたまです」といった文言ではじまる。

 

しかし「さぁさぁ今から日本の政治を風刺しまっせ」的なそぶりをしながら、そのストーリーはひたすら甘く優しい希望に満ちており、その毒気のなさに私は正直がっかりしてしまった。

 

映画で描かれる「日本」とはいかなるものか。

 

「憲政史上最悪の総理大臣」黒田は暴言セクハラなんのその、傲岸不遜丸出しの男。長く続いた政権与党の実権は政界での生き残りしか考えていない官房長官が握っている。第二の国会議事堂(スーパー銭湯つき。ちょっと良いなと思ってしまった)を建てる無駄なハコモノ建設計画が進行している。受注先は地元の同級生がやっている土建屋だ。ダメ政治の役満である。

 

野党・困民党の党首・山西は白いスーツがまぶしい美熟女(吉田羊が演じておりキュートきわまりない)。凛と背筋を伸ばし、上品だが厳しい言葉で首相に追求する姿はいかにもステレオタイプ的「リベラル」女性議員である(蓮舫議員、辻元清美議員、福島瑞穂議員あたりを下敷きにしたキャラ造形であることは自明であろう)。

 

家庭の方もさえない。妻はイケメン秘書官にぞっこん、息子は黒田を見下している。ついでにお抱えの料理人さんにも完全になめられている。

 

国民の支持率は堂々の2.3%、地上波の番組でキャスターは堂々と黒田をディスり、小バカにする。消費増税を目前にして国民の怒りはいまにも爆発しそうだ。

 

こんな状況の中、石をぶつけられて記憶喪失になった結果、何故かお人よしの善人に性格が裏返った黒田が正直さ・謙虚さ・素直さ(要は人徳だ)で周りの信用を集め、アメリカ大統領(日系人。加えて日本語がわかるご都合設定)との会談も成功させ、妻と息子の尊敬も取り戻してめでたくハッピーエンド。一応支持率は低く、「現実」は甘くないよね的な目配せも忘れない。

 

…とまあ、ふたを開けてみれば非常に口当たりの良い、「笑えて泣けるコメディ映画」でしかないじゃんね、というのが正直なところだった。

 

だって「現実」には国民が首相にブチ切れていないのだから。

 

現在の内閣の支持率は48%(出典:NHK選挙WEB・2019年9月9日更新)。

言わずもがなだが、現政権は黒田政権に負けず劣らず問題山積みであり、消費増税目前という状況がまさにシンクロしていたりするのだが、ボケ気味のご長寿政権が国民のほぼ半数に支持されてやりたいほうだいなのが「本当の現実」。

怒れる民衆も批判的なメディアもいないことはないけれど、とてもその声は弱々しい。

2019年において、「国民が怒り、メディアの権力監視が機能している日本」は、あまりに楽観的すぎで現実離れしているのだ。悲しいけれど、この作品は「今」を切り取ることに失敗している。

 

さらに野党の党首はなんと黒田と肉体関係にあり、見返りに与党との合併を要求している。これは現実の野党の無力っぷりを風刺している…わけでもないと思う(困民党以外の野党は出ないし)。というか記憶をなくした黒川に対して、野党のリーダーに「粗野で権力志向のあなたが好きだった」ってセリフを言わせるのは本当にどうかと思う。際どい格好で「がっぺい♡がっぺい♡」と迫る吉田羊はエロいけど!エロいけどさぁ!!!)女性と野党とリベラルを完全になめくさった設定である。無自覚にやっているならなおさら悪質。

 

コメディとしては優秀である。役者の魅力を120%完璧に引き出している。

吉田羊、石田ゆり子小池栄子斉藤由貴とお姉さま方は皆綺麗でキュート。中井貴一は記憶をなくす前/後の演じ分けが良い。ダブルのスーツに身を包んだディーンフジオカはあまりに美しく男の私でも悶絶寸前だった。田中圭も相変わらず犬系なかわいらしさが炸裂している。老獪な草刈正雄、補導される割には七三分けで第一ボタンが常に閉まっている濱田龍臣、終始情けないROLLY、「なぜここで?」な川平慈英などなど、俳優のバラエティと小ボケの豊かさは枚挙にいとまがない。はっきりいって面白すぎる。

 

しかし、それだけなのだ。この作品からは「怒り」も「諦め」も「悲しみ」も見えてこない。今の日本で、政治が心地良いファンタジーとして消費されてしまうのは、「現実」の矮小化に繋がってしまうのではないか。

 

権力の弾圧の恐怖を描いた『新聞記者』は少々生硬な向きもあったし、そもそもコメディでもないのだが、現実と強くリンクしていた。「2019年に作られる/観る意味」があった。でも『記憶にございません!』には?

 

かなり的外れなことを言っている気もするし、何よりこの作品を好きな人たちに冷や水を浴びせるようで申し訳ない気持ちもある。

でも、私たちの前には、映画館を一歩出れば厳しく醜い「本当の現実」が横たわっていることを忘れてはならないと思うのだ。

『Us(アス)』感想

2019.9.6 池袋にて―

 

今井「ごめん待たせた!コーラ買っててくれた?」

天野「マイさんいつも微妙に遅れますよね~ど~~~~ぞぉ~~~~」

今井「ごめんて」

 

天野「今日見るのは『Us』ですね。すごく楽しみだったんですよ~!」

今井「『ゲット・アウト』と監督が同じなんだっけ?」

天野「そうそう、ジョーダン・ピール

今井「『ゲット・アウト』面白かったよな!」

天野「一緒に観に行きましたね~なんか『ウルトラQ』や『ウルトラセブン』みたいでしたね」

今井「わかるw 人種差別への恐ろしさっていうメッセージ性もありつつ、脱出モノとしてのサスペンスもありつつ!でもちゃんとわかりやすかったんだよなぁ!上映時間も短かったしなぁ!今回もばっちり怖そうでわくわくする!予告編も良い!」

天野「良きですね~あ、『ゲット・アウト』の予告編より再生回数伸びてるんだ。日本でも知名度と期待が高まってるんですかね~」

今井「そろそろ入ろうぜ!」

天野「うん、はいチケットどうぞ」

今井「あざっすあざっす」

 

今井「…あ、この椅子5ミリくらいリクライニングする」

天野「良きですね~」

 

~鑑賞後~

 

今井「…アマ、どうだった?」

天野「…なんか『クレヨンしんちゃん』のホラー回みたいでしたね」

今井「なんで????…と言いたいけどちょっとわかる俺がいる…」

天野「とりあえずどっかでゆっくりしてきましょ」

 

天野「どうでした?マイさん的には」

今井「俺超怖かったよ~結構びくびくしながらみてた」

天野「そうです?俺はあんまり怖くなかったですね~寧ろ要所要所で笑っちゃって…」

今井「マジで?」

 

〇恐怖とユーモアのバランス―『クレヨンしんちゃん』のホラー回!?

今井「たしかにお前が笑っちゃったのはわかる。やたらギャグが切れてた印象だわ。長女のゾーラちゃんとお父さんのガブリエルが殺したテザードの人数競うとことか、信号弾不発のくだりとか」

天野「アレクサに向かって「Call the police!!!」って言ったら「Fuck the police」が流れるとこ!最高!」

今井「めっちゃ笑った!」

天野「でもそのギャグが切れすぎてて、ビビるどころじゃなかったんです。『ゲット・アウト』はあんなにオモロポイントなかったのに…」

今井「お前的にはギャグの方が印象深くなっちゃったわけだ」

天野「そうなんです…正直面白かった…監督はもともとコメディ番組でキャリアを積んでた方みたいです。僕的にはギャグが切れすぎててあまりシリアスに見られなかったです」

今井「俺は怖すぎると観れなくなっちゃうから、挟まれるギャグはめっちゃありがたかった!あれのお陰で最後まで観ることができた人たちも結構いるんじゃないかな。監督の気遣いだと思うぜ」

 

〇「もう一人の自分」が怖い?―テザードが意味するもの

今井「俺はちゃんと怖かったよ。監督は『人は本質的にもうひとりの自分を恐れている』って言ってんね」

天野「どの国にもドッペルゲンガーの話しがあることからその発想に至ったらしいです」

今井「なるほど。根源的恐怖!」

天野「僕はあんまり実感できなくて…その恐怖を…」

今井「そう?」

天野「だって実生活で自分のそっくりさんがいたら…なんて想像しないもん」

今井「なるほどね。そこに乗れるかどうかかこの映画にビビれるかどうかなのかな」

天野「テザード“本人”の差って、同じ人間でも育った環境の違いで天国にも地獄にもなるみたいなそういうことらしい…けど…僕は秘宝読むまで全然わからなかったです」

今井「たしかに社会問題的な部分は前作の方が伝わりやすかった…かも…!」

 

〇愉快なウィルソン一家

天野「さっきも言ったけど、ウィルソン一家は基本的にみんな仲良しなのがとてもよかったです」

今井「そうそう!ピンチでギスギスするのかと思いきや終始団結してたな。姉弟が両親を救いに行くところとか良かったわ」

天野「皆が家族を救うためなら割と容赦なかったですね。姉のゾーラちゃんはゴルフクラブでぶん殴ったり車で轢いたり明らかにやりすぎ!劇場で笑いが起きてました」

天野「あれも実は『人は自分や自分の家族やグループを守るためなら、最悪のモンスターになれる』っていう人間の凶暴な部分を表してるみたいです」

 

今井「主人公アデレードを演じたルピタ・ニョンゴさんはとてもキュートだった!」

天野「セクシーじゃなければ男に媚びた感じもないというか。素朴な可愛さ!なんだかももクロ百田夏菜子さんをほうふつとさせました…違うかな?」

今井「それじゃブラックパンサーのシュリちゃんじゃん笑」

天野「ルピタさんもティ・チャラの恋人ナキア役で出てましたね~

幼いというか少女性というか、爽やかな可愛さがある俳優さんですね!あと貧乳だし」

今井「性癖~~~」

天野「あと顔芸と演技力がすごくて…なんか息吸いながらしゃべってませんでした?」

今井「だった!あれすごい…どうやってんだろ」

 

今井「あとオヤジが良かったよね!」

天野「良かったです!終始家族思いでいちばんバカンスを楽しみにしてるw おんぼろモーターボートを買って自慢するところとか。終始家族の団結が強かったのはパパのお陰」

今井「で役者さんが『ブラックパンサー』のエムバクの人という」

天野「ますます面白くなるじゃないですか」

今井「良い人が似合う役者なんだきっと」

 

天野「家族同士対決のシーンは、家族4人とも違うシチュエーションで進んでいったから飽きなかったです!」

今井「ここもMVPはオヤジ笑 テザードをボートから落としたあと自分もボートから落ちたの面白すぎた!」

天野「『MEG ザ・モンスター』リスペクト笑」

今井「んなわけあるか。信号弾もボートの左曲がりのクセも事前に伏線張ってたからより楽しく見れたね」

天野「残りの家族の対決はホラー仕立てだったんでけど…なんんでオヤジだけあんな面白くしちゃったんでしょうね」

 

〇誰か教えて!残された謎たち

天野「色んなネタがあったけど、意図を探ったところでわからないものが多いです…」

今井「そうなんだよな…印象的だった『エレミヤ書11章11節』って何が書いてんの?」

天野「…よくわかんないからそのまま読み上げますね。えー、

 

それゆえ主はこう言われる、見よ、わたしは災を彼らの上に下す。彼らはそれを免れることはできない。彼らがわたしを呼んでも、わたしは聞かない。

 

今井「…わっかんね」

天野「ん~~~彼ら=テザードとしたら、「災」とやらは逃れられない運命的なものってことですかね?」

今井「えーと、監督は元ネタとテザードをアメリカの格差社会の富裕層と貧困層に重ねてるんだっけ」

天野「覆しようのない状況に生まれつき置かれた人たちのことを表しているって解釈はできますね。彼らは所詮アメリカ政府がつくったクローン、しかも失敗作で、ずっと地下からでられない運命を背負っている、と」

今井「そっか~見方を変えれば本来歯向かうはずのない、人たちに反乱されてさあどうするって話になんのかな」

天野「反乱されて初めて、恵まれていた自分らが見てもいなかった、“下層”の人たちの怒りや悲しみ、それどころか存在に気付くって話なんですね」

今井「でも本編はそんな話ではなかったような…」

天野「うん…正直、解説記事読まなかったらそこに思い至ることはなかったかと思います」

今井「せめて映像でわかるようにしてほしかったかもなぁ。『ゲット・アウト』は黒人差別の話しだって明言されてて親切だった」

 

天野「つなぎの色が赤なのにもちゃんと意味があるらしくて。アディちゃんがスリラーのシャツ来てたけど、MVのマイケルと同じく、赤であることに意味があるんですって」

今井「そうなの?全然わからなかった」

天野「改めてみるとそういう発見が多そうです」

 

今井「そもそもなんで誰がどうやってテザードを作ろうとしたのかな」

天野「ベタですけど、やっぱり兵器とか?政府の仕業っぽいですよね」

今井「あんなに扱いずらい兵器もないよ!(笑)」

天野「実際失敗作扱いであんな地下に押し込められてたんですもんね。なんで生かしたままにしたのかはまた謎ですけど…」

 

〇衝撃のエンディング

今井「で、あのオチ!」

天野「実は1986年の時点でアデレードは自分テザードと入れ替わってた!という…」

今井「かつて喋れなかったのもPTSDじゃなくて正体バレを防ぐためって解釈で良いの?」

天野「そういうことだと思います!」

今井「あのオチのせいで今までの話しが一気にひっくり返るんだ」

天野「結局勝ったのはテザードってことなんですかね…弟君は入れ替わりに気づいてたけど、家族が全滅して終わり、だったらやだな…」

今井「アデレードのテザードが喋れたのも、もともと地上にいたからなのか」

 

天野「町の人間が全滅して、テザードたちがずーーーーーーっと手をつないでて気味悪かったですね…」

今井「結局人類負けてんじゃんって…しかし皆で手つないで並んでって意味ないよねあれ」

天野「監督も当時のハンズ・クロス・アメリカ見てそう思ったらしいですよ」

今井「反乱を起こした挙句やることがあれって…」

 

〇まとめ

今井「観てる時はビビって時々笑って、ぐらいだったけど、調べると読み取れなかったメッセージがどんどん出てくるな!俺はもう一回みたいかも!」

天野「僕は恐怖よりオモロの部分が勝っちゃって、なかなかシリアスに見られなかった笑

僕は序盤から中盤のドタバタ感が完全に『クレヨンしんちゃん』なので好きです。家族が困難に力を合わせて挑むコメディ。ちょっと毒もあるし。まぁまぁ良きでした!」

今井「だんだんアマの言う通りな気がしてきた」

天野「今度ウサギ食べにいきましょうよ。ジビエですよジビエ

今井「なんで」